原因を把握する

病棟

十二指腸は胃と象徴をつなぐ内臓のことです。この内臓にがんができることを十二指腸がんと言います。十二指腸がんはがんの中でも非常に発症しにくいものですが、ひとつの傾向があります。それはポリープができやすい人は十二指腸がんにもできやすいということです。それというのも、十二指腸ポリープが悪性化することで十二指腸がんになることがほとんどだからです。統計的には患者の80%はポリープの悪性化によって発症しています。早期発見をするためにも、ポリープができやすい人は定期的に検診を受けることをおすすめします。もちろん、ポリープ以外にも十二指腸の粘膜にがんが発症することもあります。5年生存率は20%程度なので早期発見は非常に大切なことです。

十二指腸がんの症状は初期においてはほとんどありません。そのため、自覚しにくいのですが、少し進行していくと吐き気や腹痛などの症状があらわれてきます。血液検査を受けるだけでも十二指腸がんかどうかがわかりますので、自覚症状があれば早急に検査してみましょう。また、治療方法としては次のようなものが代表的です。すなわち、外科療法、放射線療法、化学療法の3つです。がん自体が粘膜内にある場合は外科療法が最も適切です。切除することで確実に治療することができます。がんの症状がかなり進行していたり、老齢のために外科手術ができない場合は化学療法や放射線療法が行われます。化学療法は具体的には抗がん剤などを用いた薬物療法のことです。